近頃はお葬式に対する考え方も変化してきていて、それぞれの葬儀社が様々なお葬式のプランを用意しています。最近は終活が人気を集めていることもあってか、生前に自分のお葬式のプランを選び、エンディングノートに書き留めるという行為が流行していて、遺族も生前の個人の希望していたことを叶えてあげたいという想いから、エンディングノートに書き留めた内容通りにお葬式を執り行うことが増えています。希望する葬儀プランには、非常に個性的な葬儀の方法もありますが、日本人の奥ゆかしい気質からか、非常に簡素な形で執り行うケースが多くなってきています。そうなるのは、亡くなってから遺族の手を煩わせたくないという想いが込められているからです。その中でも、葬儀にお招きする方をごく一部の親しい方に絞った家族葬が人気です。

家族葬など様々なお葬式の形について

家族葬は、お通夜と告別式を最小限の規模で執り行うというものです。最も安い葬儀プランは、お通夜を省略した火葬式というものですが、参列する方が平日だと夜にしか来られないことが多く、個人の近親者の不満が生じやすいということから、家族葬よりは一般的になってはいません。葬儀にお招きする方も、遺族やごく親しい知り合いに絞り込んでいるため、葬儀費用が抑えられて、遺族に経済的な負担をかけさせたくないという故人の生前の希望から執り行われることが多くなってきています。似たような形式に密葬というものもありますが、密葬だけ執り行われるというのは稀で、後日に故人を偲ぶ会や、社葬などが執り行われるのが一般的です。このような形で執り行われるのは参列者が多い社会的地位が高かった方などが亡くなった場合が多いです。

お葬式の後の遺骨の葬り方の種類について

一般的なお葬式のプランでお通夜と告別式を執り行うケースも、まだまだ多いですが、スタンダードなプランの中でも祭壇のデザインなどで故人の個性などを表現することも多くなってきています。故人が生前に楽しんでいた趣味のものを模ったりするのも、その一つです。また、遺骨の葬り方についても、お墓に埋葬するだけでなく様々な方法があります。自然葬という言葉がありますが、これは厳密に言うと遺骨の葬り方の一つです。遺骨を粉末状にして大海原に撒いて葬る海洋散骨や、樹木を墓標代わりにして遺骨を根元に埋葬する樹木葬は自然葬の一つです。これは遺体を、お葬式を執り行った後に火葬した後の遺骨の葬り方の話です。また、遺骨の葬り方もお墓や自然葬以外に永代供養墓など様々な種類があります。