かつては、生前に自分が亡くなることを想定した話題は縁起でもないという理由で慎まれてきましたが、高齢化社会が進む中で、死と向き合うことがタブー視されない雰囲気が醸成されつつあります。近頃は、家族が病院で亡くなることが増えてきていますが、前もって生前に何も決めないまま亡くなってしまうと、遺体を病院から移送する手配をするのにも困ってしまいます。病院と提携している葬儀社は価格競争に晒されていないため割高であることがほとんどです。何も決めておかないことで困ってしまうのでは、亡くなった本人ではなく、残された遺族ですので、自分が亡くなることで遺族に迷惑をかけないためにも、葬儀社やお葬式のプランなど、前もって決められることは決めておく必要があります。

葬儀社やお葬式のプランの選び方

生前に、自分のお葬式を執り行ってもらう葬儀社を決めるためには、まず対応している地域の葬儀社の情報を集めることから始める必要があります。それぞれの葬儀社が開設している公式のホームページを閲覧するのも良いですが、実際にその葬儀社を利用した人の感想などが聞ければ確実です。終活に興味がある人に対して説明会などを定期的に開催している葬儀社もありますので、実際に参加をしてみると、お葬式に関する様々な情報を得られることができますし、参加している人たちと交流を図ることでも一人では得られない情報を仕入れることができる可能性があります。このような方法で、自分が亡くなったときに、お世話になる葬儀社や、その葬儀社が提供するお葬式のプランを具体的に選んでいくことになります。

エンディングノートで自分の気持ちを伝える

せっかく、葬儀社やお葬式のプランを決めても、その結果が肝心の遺族に伝わっていなければ意味がありません。普段から一緒に住んでいて、しょっちゅう会話を交わすのであれば、その会話の中で伝えられれば良いのですが、近頃は高齢の単身者は増えているのが現実ですので、逐一伝えるのは難しい人が多いのが現状です。かといって、遺言書は相続に関係ないことを書くと、肝心の相続の内容まで法的に無効になってしまう可能性があります。遺族に自分が亡くなったときに利用して欲しい葬儀社や、お葬式のプランを伝えたい場合は、エンディングノートを活用するのが適しています。葬儀社や、お葬式のプラン以外にも遺族に伝えたいことが書き込めるようになっているので、残されることになる家族に対して感謝の気持ちを伝えることもできます。