お葬式といえば普通は会葬者の立場が多いとは思いますが、いざ遺族側に立った場合何を行えばよいのかわからない方も多いでしょう。家族が亡くなった場合には、通夜の前に葬儀社の手配や祭壇、僧侶による枕経など遺族にはやることがたくさんあるのです。また病院での死亡診断書などもいただければなりませんし、納棺を行わなければなりません。また親族への連絡などもあります。いざ通夜が始まれば終わるまで何も問題はありませんが、終わると今度は明日の葬儀の打ち合わせなどがあります。お葬式が終わってもほかにもやるべきことがあります。お葬式を行う側に立った時にこれらを知っておけば当日を迎えるにあたって不安な気持ちを取り除けるだけではなく、当日をスムーズに迎えることができるのです。

ご臨終から通夜まではどうすべきか

現代ではほとんどが病院でご臨終を迎える方が多いのですが、自宅で療養中の方が亡くなるケースもあります。病院で亡くなった場合には、医師に死亡診断書を書いてもらいます。自宅の場合はまずかかりつけの医師に来てもらい、死亡が確認されたら死亡診断書をもらいます。その間に葬儀社に連絡をして檀家時に枕経の手配をしてもらいます。葬儀社の車で搬送先に移動して遺体を安置します。僧侶が到着する前に葬儀社とお葬式の打ち合わせを行います。このとき死亡診断書を渡して、死亡届、火葬許可書などの手続きを代行してもらいます。また喪主は親族、職場や学校などの関係者への連絡を行います。僧侶が到着したら、ご遺体の前に案内し枕経を読んでもらいます。その後市に装束を着せ、遺体を棺に収めます。祭壇飾りや、式場受付の設営などは葬儀社がすべて行ってくれます。準備が整えば、会葬者の受付を行います。

お葬式から出棺・火葬場・初七日法要まで

お葬式が始まる前に、司会進行や弔辞などの最終確認を喪主と葬儀社の担当者で行います。名前が難しいものであればあらかじめ、ルビを振っておきます。準備が整ったら、会葬者の受付をします。式場では喪主を筆頭に個人と血縁の濃い順に祭壇・棺に向かって右側に着席します。時間がくる年会社が開会を告げ導師の僧侶入堂を告げて始まりです。式次第がすべて終わると、司会者が閉会と告別式に移る旨を告げます。告別式では、棺の蓋を開け故人と最後の別れをし、最後に石でくぎを打って閉じます。棺を閉じたら式場から近親者の手で運び出し、霊柩車に乗せます。その後も種のあいさつが終わると出棺です。火葬場へ着くと納めの儀式と言って最後の別れをします。火葬は一時間ぐらいで終わるので、その間遺族や同行者は控え室で待ちます。火葬が終わったら骨壺に遺骨を納める骨上げを行います。このとき埋葬許可書が出るので忘れずに受け取りましょう。火葬が終われば、元の斎場に戻り還骨法要があります。現代ではこの時に初七日法要も同時に行われます。